応援の声

2011-10-29

関係者各位

このたび私達はジャパンマックからRDデイケアセンターを開設する運びとなりました。 回復のための12ステッププログラムをわかりやすく伝え、日々実践してもらい、依存症からの早期回復を目指す施設です。

RDデイケアセンターは「リカバリー・ダイナミクス®」を取り入れています。
「リカバリー・ダイナミクス®」はジョー・マキュー氏が故郷リトルロックに作った依存症回復施設「セレニティーパーク」で導入しているプログラムです。 「リカバリー・ダイナミクス®」は「アルコホーリクス・アノニマス」 (通称:ビックブック)で紹介されている回復のための12ステップを短期間で理解させ、 回復に必要な力を見つける手助けをする点で非常に優れている施設専用のプログラムです。

過去、日本の依存症回復施設において実践する12ステップは ステップ1-2-3でした。有名な施設でもステップ4-5の実践までであり、以後のステップは各自スポンサーシップ の中で手渡され実施されてきました。ゆえに、回復し続けるために必要な力を得るまでに時間を要してしまったケースもあります。しかし、「リカバリー・ダイナミクス®」はわずか1ヶ月で12ステップを学ぶようにカリキュラムが構成されて います。RDデイケアセンターでは3か月の入所期間で合計3回 「リカバリー・ダイナミクスR」を繰り返し学びます。スタッフ指導の下、プログラムを日々の生活に取り入れることで新しい考え方と行動を身につけていきます。このように短期間に、あまり苦しまず、新しい生き方の基礎を手に入れることができるです。 施設を退所後、職場に戻っても家族と一緒にいても、その新しい生き方を実践すれば幸せで満足のいく人生を送ることができます。

依存症の人々は、なかなか生き方を変えられません。入院し、 施設に入って多くの人が生き方を変えられないために何年も苦しんでおられます。若い人、現役の会社員、家庭の主婦な ど入院する余裕のない人、大きな問題は起こさないが何かし ら飲酒でいつも迷惑をかけている人、これらの人々は底つきを前提とする既存の治療方針からはこぼれがちです。

飲酒で起こされたトラブルが原因で社会生活につまずき、 「うまくやれていた自分」を焦って取り戻そうと頑張るほど、 「自分の考え」をつかって再び飲んではいませんか?

飲酒で社会的立場を失った方、断酒に幾度と失敗して自分の価値を下げている方、飲酒で家族・親戚とトラブルが起こっている方、そういう方々にRDデイケアセンターを是非ご利用いただき幸せな人生を生きていただければと願っております。

成増厚生病院 診察部長 後藤 恵

Copyright(c) 2012 Japanmac All Rights Reserved.